北海道家庭医療学センターは1996年に創設、2008年に医療法人化し、現在北海道内に直営と公設民営含め10診療所、道外に2診療所、そのほかに病院での総合診療科の運営を行なっています。

変わりゆく日本の医療における家庭医療・総合診療のパイオニアをめざし、職員一人ひとりが輝き続けられる組織として歩み続けています。
詳細は当法人サイトをご覧ください。

PAGE TOP